沿革
50年  4月 校区を上矢田・中矢田・古世町の一部・西つつじケ丘として、西つつじケ丘霧島台に開校。
51年  4月 新たに、東つつじケ丘・浄法寺・栗掛が校区に加わる。
   5月 中校舎、西校舎が完成。
52年  3月 体育館完成。
53年  4月 新たに、広田・下矢田が校区に加わる。
55年  2月 南校舎完成。
 4月 児童数1416名で、市内最大規模となる。
56年  4月 文部省指定心身障害児理解教育推進校の指定を受ける。
57年  4月 浄法寺、広田の一部、新設詳徳小学校へ変更。
59年  4月 南つつじケ丘が校区に加わる。
60年  1月 京都府給食努力校として京都府教育委員委員会の表彰を受ける。
11月 府小学校教育研究会視聴覚教育研究大会が本校を会場に開催される。
62年  1月 児童数1525名を数える。南つつじケ丘小学校開設準備。
63年  4月 南つつじケ丘小学校開校。南つつじケ丘が同校校区に変更。
元年  4月 京都府教育委員会から教育実践推進校(教育課程)の指定を受ける。
2年  1月 第1回口丹地区音楽フェスティバル出場。
6年  3月 焼却炉にて事故災害発生。
7年  4月 亀岡市教育委員会から学校安全教育推進校の指定を受ける。
8年  9月 3期にわたる大規模改修工事が終了する。
9年 10月 第1回学校公開を実施する。
11年  4月 京都府小学校教育研究会道徳教育研究協力校となる。
13年  4月 少人数授業制度開始。
14年  1月 亀岡市地域イントラネットの供用開始。
亀岡市花づくりコンクールで「教育長賞」受賞。
亀岡市花づくりコンクールで「教育長賞」受賞。
15年  1月 体育館改修工事完了。
16年 1月 ビオトープ(創立30年記念事業)着工
3月 ビオトープ(創立30年記念事業)完成
6月 創立30年記念式典挙行
18年 1月 全国小学生タグラグビー大会近畿ブロック準優勝
4月 京都府南丹教育局「京子ども夢・未来校」指定
20年 1月 「京の子ども夢・未来校」指定実践発表会
2月 PTAの支援によりビオトープの通路改修
10月 亀岡市花づくりコンクールで理事長賞受賞
米国スティルウォルター市ミドルスクール生徒2名来校交流
21年 3月 校舎等耐震化工事完了
22年 2月 「人権の花」運動推進に関する感謝状を受ける
3月 PTAの支援によりビオトープの水車新調
11月 PTAが亀岡市より感謝状を受ける
23年 2月 大阪センチュリー交響楽団による演奏会
24年 2学期 総合遊具 全面改修
25年 9月   京都サンガスポーツ教室
26年 3月 京のスポーツ夢バンク事業(6年生スペースボール)
27年 3学期   トイレ・プール改修 
  2月   京都ハンナリーズ来校(6年生体験学習)  
3月 京のスポーツ夢バンク事業(6年生スペースボール)