京都府亀岡市立南つつじケ丘小学校

学校概要

学校の沿革

昭和50年4月、亀岡小学校より分離開校したつつじケ丘小学校は、亀岡旧町や篠町の国道9号線以南の一部と、東つつじヶ丘・西つつじヶ丘を通学区とした。開校後も校区では宅地造成が盛んに進められ新興住宅地が増加し、それに伴って児童数も増加の一途をたどった。ついに、南つつじヶ丘団地の入居開始とともに急激な増加をみて1500名を越すマンモス校となった。

昭和62年度南つつじヶ丘団地を通学区とする本校建築に着手し、昭和63年度つつじヶ丘小学校より分離開校した。分譲が進むにつれて児童数も増加し、平成7年度にピークに達した。その後、出生数の減少とともに漸減傾向にはあるが、新たな住宅造成も進められている。

 
昭和 63 年
4月 1日
  亀岡市立つつじケ丘小学校より分離開校
 
4月 5日
  開校式挙行
 
4月 8日
  第1回入学式
 
6月 1日
  第4学年3学級に編成替
 
7月25日
  プール竣工式挙行
 
9月 1日
  第3学年3学級に編成替
 
11月28日
  運動場整備完了に伴い、亀岡市立南つつじケ丘小学校竣工式挙行
 
 
   
平成 元年
3月23日
  第1回卒業式
 
4月 1日
  京都府教育委員会教育実践推進校・亀岡市教育委員会
「特色ある学校づくり推進校」に指定される
 
9月 1日
  第3学年4学級に編成替
 
 
   
平成 2年
2月27日
  合科的指導中間発表会開催
 
9月 5日
  亀岡市総合防災訓練に参加
 
11月20日
  生活科研究発表会開催
 
 
   
平成 3年 3月22日   第3回卒業式
 
4月 1日
  「つくし」学級(障害児学級)開級
 
 
   
平成 4年
3月31日
  児童増に伴い校舎増築(9教室)
  9月 1日   第4学年5学級に編成替
平成 7年
4月 1日
 

京都府教育委員会教育実践パイロット校に指定される

平成 8年
11月 5日
  算数科教育研究発表会開催
平成 9年 4月10日   第10回入学式
 
11月 9日   開校10年記念式典及び事業を実施
平成10年
3月23日
  第10回卒業式
平成11年 2月 6日   第1回学校公開実施
 
4月 1日
  「総合的な学習」通称MOTの研究を始める
  11月 6日   第2回学校公開実施

平成12年
9月 3日
  亀岡市総合防災訓練が開かれる  
11月 4日
  第3回学校公開開催(以後、毎年11月開催)

平成15年
4月 1日
  文部科学省「学力向上フロンティアスクール」
京都府教育委員会「京都夢・未来校」の指定を受ける
表現力の育成を目指して国語科「伝え合う力」の研究を始める
平成16年
10月28日
  国語科教育研究発表会開催
平成19年
11月10日
  開校20年記念式典
平成20年
4月 1日
  京都府小学校教育研究会情報教育部研究協力校に指定される。
10月18日
  なんたんみんなで読もう!読書キャンペーンにおいて京都府知事賞受賞
平成21年
10月26日
  文部科学省「電子黒板を活用した教育に関する調査研究の事業」の委託を受け、電子黒板が全教室に配備される。
平成22年
10月22日
  京都府小学校教育研究会情報教育研究大会開催
平成23年
4月1日
  京都府教育委員会「京の未来創造校」に指定される
平成24年
1月31日
  プール改修完了
11月20日
  「京の未来創造校」研究発表会開催
平成25年
4月1日
  京都府教育委員会「学力向上システム開発校」指定
平成26年
10月23日
  京都府教育委員会指定「学力向上システム開発校」・亀岡市教育委員会指定「生きる力を育む開かれた学校づくり推進事業・ダイワボウ情報システム「スクールイノベーションプロジェクト実証研究校」研究発表会開催
 

校区の概要

亀岡盆地の南東部の丘陵地、東つつじヶ丘と西つつじヶ丘の南側に接して造成された約2200戸(1900戸入居)余りの亀岡市最大の住宅団地である。 町並みは、近代的な団地設計により整備され、住宅の規模も揃いしっくりとした色彩にまとまって、静かで落ち着いた町のたたずまいである。

学校へのアクセス方法はこちら