校長室より

トップページ 校長室より 学校概要 保津小ブランド 保津っ子ニュース 研究・研修
地域とともに 家庭とともに 行事・校時 お知らせ いじめ防止 リンク集

校長挨拶

「 けじめのついた生活を 」


 「五つの『気』を大事にしよう。」と話した3学期の始業式がついこの前だったように感じられるほど、 あっという間に1月が終わり、2月をむかえました。
 風邪が流行しやすい時期です。他校ではインフルエンザによる学級・学年閉鎖も出てきています。 学校ではうがいや手洗いの励行、教室の換気など注意をはらっていますが、御家庭でも健康管理をよろしくお願いします。
 さて、この2月、昔から「1月はいぬ、2月は逃げる、3月は去る。」と言われるように、2月は1月よりも早く過ぎて いきます。今年度もあと2ヶ月となり、いよいよ1年間をまとめる大切な時期になりました。けじめのついた生活をして、 残り少ない一日一日を充実させたいものです。
 では、何にけじめをつけるのかと言うと、少なくとも次の三つのことにはしっかりとけじめをつけてほしいと思います。
 まず、「時」、時間です。学校での活動はそれぞれの時間によって活動が変わっていきます。もっと活動や遊びを続けたいな と思っても、学校は一人だけが生活をしているのではないので約束が決められています。 だからチャイムや決められた時刻になったら、今している活動や遊びをやめて、次の活動の準備をします。 時間のけじめをしっかりつけられる子どもになってほしいです。
 次に、「物」です。「物」を大事にしてほしいです。「物」には、自分の物もあれば、人の物、みんなで使う物もあります。 持ち主がある物には名前を書くことも、その物を大事にすることといっしょです。また、ふだんは感じていないかもしれません が、校舎も大事な「物」です、汚したり傷つけたりしないように大事にしましょう。
 三つ目が、「場」です。「場所」という意味もあるから、「活動する場所」と考えてみましょう。 同じ教室という場所であっても、勉強をする、給食を食べる、掃除をするというふうにいろいろな活動をしています。 それぞれの活動にふさわしい準備や身支度ができているか、その時々に心もしっかり切り替えて取り組んでいるか、 自分自身を確かめてほしいと思います。
 時間、時刻を守ることや持ち物を確かめること、ろうかを正しく歩く、その場にふさわしい行動をすることなど、 日々の生活の中にメリハリとけじめをつけ、卒業や進級に向けて、しっかりと力を蓄え、更なる高みを目指していく2月に したいものです。
 御家庭の皆様、地域の皆様方のあたたかな御支援、御協力をお願いいたします。

 

Back Number



 H29.04.10  H29.05.01  H29.06.01  H29.07.01
 H29.07.20  H29.08.30  H29.10.01  H29.11.01
 H29.12.01  H29.12.22  H30.01.09  


Copyright (C) 2016 亀岡市立保津小学校 All Rights Reserved.