研究・研修

トップページ 校長室より 学校概要 保津小ブランド 保津っ子ニュース 研究・研修
地域とともに 家庭とともに 行事・校時 お知らせ いじめ防止 リンク集

「研究内容」「授業研究会」「職員研修」

研究内容


【研究主題】
「生き生きと、意欲を持って学ぶ心豊かな子どもの育成」

~ 自ら考え、伝え合い、学び合うことを通して主体的に解決していこうとする子どもを目指して ~

【具体化に向けた取り組み】

① 児童の主体性を大事にした授業研究

② 基礎学力の充実

③ 表現力を高めるための取組の充実

④ 言語環境の充実


研究基本構想   ・ 研究ビジョン


授業研究会


 「教職員は最大の教育環境」であることを自覚し、子どもたちに質の高い学びを提供するため、 授業改善・授業力の向上に努めています。
 どの学級も算数科又は人権の研究授業を行います。関係教育機関(亀岡市教育委員会・ 亀岡市教育研究所)に指導・助言いただくとともに、本校教職員全員が参観し、 授業内容の事前・事後研究、校内掲示を行うことにより、お互いを刺激し高め合い、学校経営方針の「磨くI (謙虚に振り返る姿勢、自己成長し続ける力、授業力・指示力)」を実践しています。


職員研修


 複雑化・高度化する社会・教育の課題に対応し、教員としての職責を果たすため、京都府・亀岡市等が主催する 校外の研修を受講するとともに、学校独自に様々な職員研修を実施しています。
 校内職員研修では、各分野の専門家を講師として招いたり、教職員全員でより本校の実態・課題に密着した内容で 話し合い考えたりすることにより、学校経営方針の「鍛えるEye(児童をみる目・幅広い視野・気付く力)」 ・「磨くI」を実践しています。

【今年度校内職員研修】
☆「学力」(学力分析を基にした実態把握と児童理解、学力向上に向けた取組・手段の研修)
☆「理科」(児童の興味・関心、意欲を高める効果的な実験の演習、実験器具の正しい使い方)
☆「特別支援教育」(より深い児童理解、具体的な指導・支援方法の研修)
☆「食物アレルギー」(アレルギー発症の仕組み・原因・対応方法、エピペンの操作演習)
☆「不審者対応」(不審者侵入の防犯訓練、危機管理意識・能力の向上)

理科研修 食物アレルギー研修 不審者対応研修


Copyright (C) 2016 亀岡市立保津小学校 All Rights Reserved.