学校の概要


歴史
 本校は,明治6年1月11日に佐伯校として設置された後,明治8年8月5日に校舎を新築し,樂群小学校として開校した。その後,尋常小学校,国民学校を経て,昭和22年4月よりひえ田野小学校と改称し現在に至っており,創立140年をこえる歴史と伝統のある学校である。
 ひえ田野町は,亀岡市の中心部より西に位置する農村地域であるが,住宅団地が造成され児童数が急増し,昭和57年にピークに達した。その後は減少の傾向をたどっている。
 



文化・町のたから
 ひえ田野町には五穀豊穣と盆行事を集合した夏祭りとしての伝統行事である国指定重要無形民族文化財の佐伯灯籠が8月14日に行なわれ,人形浄瑠璃も上演される。ひえ田野神社は多くの人でにぎわう。
 柿花の桜天神境内では地表に桜石が多数露出しており,1922年には境内の桜石が国の天然記念物に指定され,府内の鉱物では唯一の天然記念物である。平成29年4月1日には、新たな「亀岡市の象徴」として「市の魚『アユモドキ』と「市の石『桜石』」が制定された。また、校区の旅館街「湯の花温泉」もよく知られ,全国各地からの観光客でにぎわっている。
 地域や保護者の教育についての関心は高く,学校運営やPTA活動にも協力的で,それだけに学校教育に寄せられる期待には大きいものがある。


学校の沿革
 



明治 6 1 11
佐伯苗秀寺の方丈を借り,桑田郡第3区佐伯校として設置

8 8 5
佐伯村字垣内1番地に校舎(南校舎)を新築,校名を欒群小学校と改称。上等・下等を置き,組み分け

20 4


樂群尋常小学校と改称

30 9


南北教室増築落成

32 5


石門落成

37 4


高等科を併置し樂群尋常高等小学校と改称

40 5 14
現在地源ノ坊に落成移転。この日を創立記念日とし,毎年大運動会を実施
大正 13 5


西校舎3教室新築落成

15 7


ひえ田野村青年訓練所設置
昭和 16 4 1
ひえ田野国民学校と改称

22 4 1
ひえ田野小学校と改称

30 4 1
亀岡市立ひえ田野小学校と改称,本館改築,本館を青葉学園の校舎に移築

32 4 1
中校舎改築

32


落成永年保健体育の功績で,日本体育指導連盟・文部省表彰

33 10


体育館,北校舎,便所改築落成

34 6


(防火用水兼用)プール完成

38 7


校歌制定

42

44
文部省・京都府教育委員会 同和教育研究校指定

49 10 4
給食室完成,給食開始(自校炊飯)

51 2


駐車場完成

51 10


西便所改築

57 7


学校全面改築工事起工(体育館を除く全校舎)

57 12 7
学校全面改築(体育館を除く)竣工グラウンドに移転

58 4 1
学校給食自校炊飯からセンター方式に移行

59 7 5
プール完了(旧プール埋立,運動場の一部となる)

63

H2 京都府国語科教育研究校指定
平成 元. 6 11
体育館起工

2 12 20
体育館竣工

3 8


第26回交通安全子ども自転車全国大会出場

4 11 5
学校安全文部大臣表彰受賞

5 1 14
全日本交通安全協会交通安全優良学校表彰受賞

6 8 2
第29回交通安全子ども自転車全国大会出場

7 1


京都府教育委員会より「さわやか賞」を受賞

7 4


小・中学校教育実践研究パイロット校(同和教育)指定

7 8 1
第30回交通安全子ども自転車全国大会出場

8 8 5
第31回交通安全子ども自転車全国大会出場

8 11 29
小中学校教育実践パイロット校(同和教育)研究発表会

11 1


京都府教育委員会より「さわやか賞」受賞

12 8 8
第35回交通安全子ども自転車全国大会出場

13 1 24
亀岡市教育委員会指定特色ある教育推進事業 南桑中学校ブロック研究発表会開催

14 11 19
京都府小学校教育研究会(国語科)研究大会開催

15 11 1
第1回オープンスクール開催

16 4 13
亀岡署,亀岡交通安全協会「府交通安全協会長交通安全優良学校」表彰

17 10


京都府教育委員会京都夢・未来校(人権教育)指定1次発表

18 11 28
京の子ども夢・未来校(人権教育)研究発表会開催

21

22
文部科学省コミュニティ・スクール推進事業指定

23 4


京都府 食に関する指導充実事業指定校

25 4


京都府教育委員会「京のこども元気なからだスタンダード実践校指定

27 . 4


京都式「効果のある学校」推進校指定