学校経営方針


学校経営の基本方針・教育目標
1 学校経営の基本方針
 教育基本法に掲げられた教育の基本理念を踏まえ、京都府教育委員会の「京都府教育振興プラン〜つながり、創る、京の知恵〜」「学校
教育の重点」、亀岡市の「亀岡市教育振興基本計画〜かめおか教育プラン〜」に則り、学習指導要領に基づいた教育を推進する。

 児童の実態と地域の課題に即した教育課程を編成し、個にあった教育活動を推進するとともに、基礎的・基本的な内容の習得を基盤とし、
自ら将来の姿を描きながら意欲を持って学習する児童を育成する。また、人を思いやり、ともに学び、ともに育ち、自らの将来に展望をもって
たくましく歩み続けることのできる「よりよく生きる力」の育成に努める。

 そのために、児童の感性や規範意識、コミュニケーション能力を高めるとともに、人権尊重の精神に根ざした優しさと思いやりのある心情を
培う指導を行う。

   
2 教育目標
 人間の尊厳と基本的人権、生命の尊重を基盤に据え、「はぐくみたい力」を「展望する力」「つながる力」「挑戦する力」とし、これら3つの力
を養うとともにその調和を大切にした教育を進める。

  また、児童一人一人が、かけがえのない存在として、周囲の人々に支えられ、生かされていることを感じ、その温かくて厳しい、周りから
の愛情や信頼、期待などに「包み込まれているという感覚」を実感できる教育を推進する。


        《教育目標》     あたたかい心、たくましい体、よく考える頭        
     〔めざす児童像〕
@ ひとのいたみがわかる子
A えがおあふれる元気な子
B だれとでもなかよく学べる子
C のびのびと夢に向かってがんばる子
                                    



 




本年度の努力課題と実践の重点
本年度の努力課題と実践の重点
 全教職員の一致した体制のもとに、重点課題の解決に向けた取組を進める。学習では、国語や算数を中心とした基礎基本の徹底と学力の向上を目指す取組を行う。また、基本的人権を尊重する心を育むとともに、人権問題の解決に向けて自ら実践する態度を育成する。本校が取り組んできた人権教育の成果と手法をあらゆる教育活動を通して実践し、さらに発展させる。
 また、教育推進協議会、コミュニティスクール推進委員会など外部の意見を参考にし、地域とともに歩むチームとしての学校づくりを進める。また、地域の人材活用を図ることにより、開かれた学校づくりを一層推進する。さらに、関係機関・地域社会と連携し、安心安全な教育環境づくりや質の高い学力の育成に努める。
(1)特色ある学校づくり
 永年の歴史の中から積み上げてきた地域教材や受け継がれてきた伝統文化をふるさと「かめおか学」として構成し、創意ある教育活動を展開することにより、ふるさとひえ田野町で育ったことに自信と誇りを持てる子どもを育成する。また、外部評価を活用し家庭や地域社会に開かれた信頼される学校を目指す。
(2)人権教育
  あらゆる教育活動を通して人権教育を推進し、豊かな人権感覚と人権を尊重する態度や実践力を育てる。人権学習年間指導計画に基づき、家庭・地域社会との連携を積極的に図りながら取組を推進する。
(3)学習指導
  学力診断テスト・全国学力学習状況調査等の分析により学習状況の的確な把握と授業改善を進めるとともに学習規律を定着させ、あらゆる教育活動の場で言語活動をさらに充実させることを基盤として学力の向上を図る。
  少人数授業・TT授業による指導など個に応じた指導を工夫改善し、基礎的・基本的な内容を確実に身に付けさせるとともに、自ら学ぶ意欲の向上を図り、自ら考える主体的な態度を育てる。本校独自の指導と家庭との連携による学習習慣の定着を全校体制で進める。
  (チャレンジタイム パワーアップタイム 配膳時個別指導 にこにこべんきょう(家庭学習) 朝学習 読書など)
また、家庭学習の定着に向け、家庭と連携した取組を進める。
(4)生徒指導
 深い内面理解に基づく生徒指導を展開するとともに、規範意識を高める取組を行うことにより、ルールを守り切る指導を教職員一致で行うとともに、「法やルールに関する教育」の活用を図り、主体的に法令を遵守する精神を育てる。 また、いじめアンケート等により児童の関係を把握し、好ましい人間関係の育成といじめの未然防止、早期発見と解決に努める。
 さらに、気にかかることについては家庭訪問を行い、「子育て相談日」の活用を促すなど、保護者との連携を密接に行い教育課題の解決に努める。
(5)特別支援教育
 児童の教育的ニーズに応じた適切な教育課程を編成し、自立し社会参加する資質や能力を育てる。交流及び共同学習を教育活動全体に位置づけ、発達障害をはじめ障害に対しての正しい理解と認識を深める指導を充実し、個に応じた特別支援教育を推進する。また、特別支援教育について地域社会などへの啓発に努める。
(6)道徳教育
  生命を大切にする心や他人を思いやる心など、人間としてよりよく生きるための基礎・基本を育てる指導の充実を図り、道徳的実践力の育成に努める。「私たちの道徳」「京の子ども明日へのとびら」などの効果的な資料の活用を図り、道徳の時間及び学校の教育活動全般を通じた道徳教育を充実し、保護者、地域社会の理解と連携を深めるよう努める。
(7)健康安全教育、体育・スポーツ活動
 生命の尊厳、人権尊重を基盤にした健康安全教育の推進を図る。健康と安全に関する総合的な認識の向上、基本的な生活習慣の確立、学校安全計画の策定・実施、地域社会や家庭と連携した食育に関する指導の充実を図る。また、豊かで楽しい運動経験を通した体力づくりの取組等で健康でたくましく生きる力を育成する。
(8)芸術文化活動
 創造性に富む情操豊かな人間を育成するため、児童の豊かな感性と生涯にわたって芸術を愛する心情を育む。教育活動の中でふるさとの伝統文化を学ぶ機会を拡充し、我が国や諸外国の伝統を尊重する態度の育成を図る。
(9)国際理解教育、環境教育、情報教育、福祉教育
 人権尊重の精神を基盤に、我が国の文化と伝統を尊重し、また、地域社会の特性を積極的に活かして、組織的・計画的に体験的な学習や課題学習などを取り入れ、異文化理解、外国語活動を通じたコミュニケーション能力の素地の育成、よりよい環境の創造、情報活用能力の育成に努力するなど、指導の充実に努める。
(10)職員の資質能力の向上
@教職員の使命と責任
本校教育の充実発展のために、豊かな識見と専門性に基づいた確かな指導力と自ら学び続ける意欲を持ち、自己の資質能力の向上に努める。
A教職員研修
豊かな人間性、広い社会性、高い専門性を目指す。とりわけ本校の教育課題解決に向けて、人権・重点研究を中核として研修に努める。
具体的に本校の教職員が備えるべき資質として以下の点をあげる。
       ア 豊かな人間性と社会性を身につけ、広く豊かな教養と人権感覚に優れている。
       イ 教育者としての使命感や責任感、情熱がある。
       ウ 学習指導について高い専門性と指導力を有している。
       エ 生徒指導について深い児童理解と子どもに対する愛情がある。
       オ 教職員同士が好ましい人間関係をつくれる。
       カ 保護者・地域と密に連携し、信頼される教職員としての教育推進力がある。






   夏休み中の環境美化作業





山内川の生き物探検