明治20. 7 達徳簡易小学校として千ヶ畑に開設し、土ヶ畑に分校を置く。  
   24. 4 発蒙尋常小学校と改称する。
   38. 9 新校舎を現在地に開設し、土ヶ畑の分校を廃止する。
   41. 4 第5学年を新設し2学級となる。7月裁縫室を新設する。
   42. 4 第6学年を新設する。
大正 4. 4 畑野尋常小学校と改称する。          
    5. 9 校訓を「誠・愛・勇」と制定する。
   11. 4 高等科を併設し、校名を畑野尋常小学校と改称し、校舎増築に着工する。
   11. 9 2教室の増築と特別教室を設置し、2部授業を廃止する。
   13. 9 村民の寄付と労力奉仕により体育器械の整備と運動場の拡張工事を完成する。
昭和 4.12 畑野子供自治会発足する。
   11.10 畑野小学校開設50周年記念式典及び記念行事を行う。
   16. 4 畑野国民学校と改称する。
   17. 4 増築2階建新校舎施工する。(建築費 17,300円
   22. 4 学制改革により畑野村立畑野小学校と改称し、5月新制中学校を併置する。
   23. 7 育友会を結成発足する。
   26. 7 校内放送設備を完成し、校内放送を開始する。(総工費 70,000
   28. 1 講堂兼体育館新築竣工式を行なう。(総工費 247 万円)
   29.12 増改築竣工式を行なう。 (総工費 560 万円)
   30. 1 亀岡市の誕生により校名を亀岡市立畑野小学校と改称する。
   35. 3 へき地教育振興法によりへき地1級校に指定される。
   35.12 京都府へき地教育研究大会を開催する。
   37.12 校歌を制定し発表会を行う。
   49. 7 水泳プールが完成する。
   51. 9 広野、土ヶ畑間にスクールバスが開設され、小・中学生の通学問題が解消する。
   60. 4 新校舎全面改築竣工式を挙行する。(総工費35,000万円)
   61. 7 亀岡市立畑野小学校開設100周年記念式を挙行する。
   63. 4 文部省・亀岡市教育委員会より「勤労生産学習」研究推進校の指定を受ける。
平成 2. 8 プール全面改修・竣工する。
    3. 4 亀岡市立畑野小学校育友会を亀岡市立畑野小学校PTAと改名する。
    4. 3 東校舎を増築竣工する。(総工費13,800万円)
    4. 4 全学年2学級編成になる。
    6. 2 学校安全努力校として表彰を受ける。
    6.11 口丹地区小・中学校音楽フェスティバルに6年生が出場する。 
    9. 4 京都府教育委員会より教育実践パイロット校(社会)の指定を受ける。
   10. 4 やまびこ学級(特別支援学級)を開設する。
   12. 4 文部省教育助成局より情報化推進のためのネットワーク活用方法研究開発事業
       実践研究校の指定を受ける。(平成12年度から平成14年度まで)
   12. 4 情報加配・小中連携加配が配置される。
   14. 4 少人数学級加配が配置される。
   14. 4 プール機械室の水浄化設備が新設される。
   14.11 文部科学賞省指定情報化推進のためのネットワーク活用方法研究開発事業
       実践研究発表会を行う。
   15. 4 引き続き文部科学省教育助成局より情報化推進のためのネットワーク活用方法
       研究開発事業の実践研究校の指定を受ける。(平成15年度まで)
   18. 4 京都府教育委員会より京の子ども夢・未来校「国語力向上拠点校」の指定を受ける。
            (平成18年度・19年度)
   19.11 京の子ども夢・未来校「国語力向上拠点校」としての研究発表会を行う。
   20. 4 京都府交通安全協会より表彰を受ける。
   22.10 「なんたんみんなで読もう読書キャンペーン」表彰で京都府教育委員会教育長賞を受賞
   24. 4 京都府小学校教育研究会図書館教育部研究協力校として3年間の指定を受ける。
   25. 7 京都府小学校教育研究会図書館教育部研究協力校として2年次の発表を行う。
   26. 7 京都府小学校教育研究会図書館教育部研究協力校として3年次の発表を行う。
   27. 4 平成27年度子どもの読書活動優秀実践校として文部科学大臣表彰を受ける。
(1) 校 名     京都府亀岡市立畑野小学校  
(2) 所在地   〒621−0261 京都府亀岡市畑野町千ヶ畑西山5番地
(3) 電話 0771(28)2753  0771(28)5447(FAX)
(4) 児童数 53名・・・・男子23名、女子30名
(5) 学級数 7学級(平成29年4月1日現在)
学校の沿革
学校・校下の概要
  畑野町は、亀岡市の西端に位置し、中心部より17q離れている。また、南丹市(名勝瑠璃渓)に隣接しており、大阪府、兵庫県境にも近い。
  昭和40年後半までは、他の農山村と同じく過疎化が進んできたが、昭和50年台後半頃から、宅地造成が始まり、阪神の衛星都市への通勤などが比較的便利なため 転入者が徐々に増加し、全町民の約90%を転入してきた住民が占めている状況である。
  一方、校下の農家においても、府下に先駆けて「新農業構造改善事業」に着手し、全町的に圃場の完全整備及び農業近代化の付帯事業が完成し、地域全般に活力が生まれてきた。
  本校は、地理的環境から「へき地1級指定校」であり、かつて昭和55年頃までは、全校 児童数が30〜40名程度の小規模であったが、前記の変化に伴って一時期急激に増加したものの、現在では転入児童もほとんどなく、少子化も伴って、児童数は年々減少してきており、今年度は、7学級、全校児童59名となった。
  昭和59年度に校舎の全面改築が行われ、本館西校舎・体育館ともに近代的な校舎に生まれ変わり、豊かな心を育てるモデル校舎として、文教施設協議会より表彰を受けた。
  また、平成3年度には、児童急増のため7教室、平成9年度には、東校舎に1教室を増築した。平成10・11年度に、やまびこ学級(現特別支援学級)を開設した。
  平成12年度よりパソコン20台を備えるコンピューター室を開設し、文部科学省・市の指定を受け、平成14年11月に情報教育研究発表会を行い、情報化時代に対応する学習の在り方を研究した。
  平成14年4月から少人数学級指導教室を開設し、平成19年度には、京の子ども・夢未来校「国語力向上拠点校」の指定を受け研究発表会を行った。平成20年度から、国語科を中心に豊かな言語力を育てる指導方法の研究を進めてきた。平成24年度からは、京都府小学校教育研究会図書館教育部会の研究協力校として、図書館教育の研究を始め、26年度に研究発表会を行った。