本校の創立は明治6年5月、今日まで130年以上の歴史を持っています。
  集成校として開校した千代川小学校は、校区に住む人々の心の拠り所として、また、生涯にわたって学び続けるための生涯学習の拠点としての役割を、歴史と伝統に裏打ちされながら常に担い続けてきました。それだけに、言い換えると本校の歴史は、千代川町の地域の人々と歩んだ地域文化の歴史であるとも言えます。
  このような地域の中核としての本校に誇りと重みとを感じつつ、地域に開かれ、地域に信頼され、地域と連携した学校を目指しながら、「たくましい体、やさしい心、真剣な学びを育む」を教育目標として、地域や保護者の皆様からの愛情や信頼、期待などに「包み込まれているという感覚」を子ども達が実感できるようにしていく教育実践を、教職員が一丸となって進めていきたいと考えています。


亀岡市立千代川小学校長    上田 香苗